メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ放火で犠牲の社員を労災認定 遺族に補償支給 京都労働局

解体工事に向け、防音シートで覆われた京都アニメーション第1スタジオ=京都市伏見区で2019年12月25日午後5時11分、国本ようこ撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで2019年7月に起きた放火殺人事件で、死亡した社員らの労災が認定され、補償の支給が始まったことが遺族への取材で判明した。事件では役員と社員計36人が死亡し、33人が重軽傷を負った。京都労働局は認定件数や理由を明らかにしていないが、18日で事件から半年を迎えるのを前に、被害者や遺族に対する補償が徐々に進みつつある。

 複数の遺族によると、労災認定は京アニを通じて申請した。その後、補償の支給決定通知書が届き、すでに一…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです