メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田淵幸一氏が野球殿堂入り アマ部門は前田祐吉氏と石井連蔵氏

[PR]

野球殿堂入りが決まり、あいさつをする田淵幸一氏=東京都文京区で2020年1月14日午後2時19分、大西岳彦撮影

 野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂顕彰者(殿堂入り)3人を発表した。競技者表彰のうち、監督・コーチ経験者らが対象の「エキスパート部門」は、阪神、西武で活躍し、ダイエー(現ソフトバンク)で監督を務めた田淵幸一氏(73)が選ばれた。アマチュア野球関係者などが対象の特別表彰では、元慶大監督の故前田祐吉氏と元早大監督の故石井連蔵氏が選出された。

 田淵氏は法大から1969年に阪神入り。75年に43本塁打で本塁打王のタイトルを獲得した。90年から3年間、ダイエー監督、2002、03年に阪神チーフ打撃コーチ、08年北京五輪では日本代表ヘッド兼打撃コーチを務めた。

 前田氏は慶大監督として8回、石井氏は早大監督で4回の東京六大学リーグ戦での優勝を果たした。60年の秋季リーグ戦では、前田氏が率いる慶大と石井氏の早大が優勝を懸けて対戦。3回戦で決着がつかず、優勝決定戦も再々試合までもつれる「早慶6連戦」を繰り広げ、早大が20回目の優勝を飾った。

 東京都文京区の同博物館で開かれた通知式には、田淵氏と、前田、石井両氏の家族が出席。博物館の斉藤惇理事長(プロ野球コミッショナー)から殿堂入り通知書を手渡された。殿堂入りは207人(競技者表彰98人、特別表彰109人)となった。【中村有花】

揚塩健治・阪神球団社長

 野球殿堂入りおめでとうございます。選手、コーチ、そしてOB会長として、阪神タイガースに多大な貢献をしていただきました。心からおよろこび申し上げます。また今年が球団創設85周年の節目の年ということも何かの縁を感じており、大変うれしく思っております。

得票の上位者 ★は殿堂入り

【競技者表彰】

 ▽プレーヤー部門

 高津臣吾 259

 アレックス・ラミレス 233

 川相昌弘 218

 宮本慎也 206

 野村謙二郎 127

有効投票数 354

当選必要数 266

 ▽エキスパート部門

★田淵幸一 109

 ランディ・バース 89

 掛布雅之 62

 大沢啓二 49

 柴田 勲 40

有効投票数 135

当選必要数 102

【特別表彰】

★前田祐吉  12

★石井連蔵  11

 川島勝司   7

有効投票数  14

当選必要数  11

野球殿堂顕彰者の選出方法(いずれも75%以上の得票で殿堂入り)

 【競技者表彰】▽プレーヤー部門=現役引退後5~20年のプロ選手が対象。野球報道経験15年以上の委員が投票▽エキスパート部門=プロの監督・コーチを引退後半年以上経たか、現役引退後21年以上のプロ選手が対象。殿堂入りした人、および野球報道経験30年以上の委員らが投票。

 【特別表彰】現役引退から5年以上のアマ選手、引退後半年以上の監督・コーチ、引退後半年以上のプロ・アマ審判員、野球の発展に顕著に貢献した人などが対象。プロ・アマの役員及び元役員、学識経験者など14人が投票。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです