メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田淵幸一氏が野球殿堂入り アマ部門は前田祐吉氏と石井連蔵氏

 野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂顕彰者(殿堂入り)3人を発表した。競技者表彰のうち、監督・コーチ経験者らが対象の「エキスパート部門」は、阪神、西武で活躍し、ダイエー(現ソフトバンク)で監督を務めた田淵幸一氏(73)が選ばれた。アマチュア野球関係者などが対象の特別表彰では、元慶大監督の故前田祐吉氏と元早大監督の故石井連蔵氏が選出された。

 田淵氏は法大から1969年に阪神入り。75年に43本塁打で本塁打王のタイトルを獲得した。90年から3年間、ダイエー監督、2002、03年に阪神チーフ打撃コーチ、08年北京五輪では日本代表ヘッド兼打撃コーチを務めた。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです