メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殿堂入り田淵氏「王さん、長嶋さんと戦った結果」 アーチスト開眼は病み上がりの一打

豪快なホームランでファンを魅了した阪神時代の田淵氏

 プロ通算474本塁打。田淵氏は、美しい放物線を描く打球で「ホームランアーチスト」の異名を取った。打撃開眼のきっかけは、ひょんなことだった。

 法政一高(現法政大高)の3年時、風邪を引き4日ぶりに復帰した練習でのこと。十分に力が入らないままスイングしたところ、驚くほど飛距離が伸びたという。「バッティングは力ではない。インパクトさえしっかりしていれば、ボールは飛んでいくことを覚えた」

 法大では、当時の東京六大学リーグ記録となる通算22本塁打をマーク。大学時代にバッテリーを組んだ1学…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです