メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カズ、母校の静岡学園Vを祝福 後輩への「ご褒美」は…

自主トレーニング先のグアムから帰国した三浦知良=成田空港で2020年1月14日午後7時46分、福田智沙撮影

[PR]

 サッカーの元日本代表FW三浦知良(横浜FC)は14日、自主トレーニングを行っていたグアムから成田空港に帰国し、全国高校サッカー選手権で24大会ぶりに優勝した母校の静岡学園について、「感動しましたね」と笑顔で活躍を喜んだ。

 13日の青森山田との決勝は、トレーニング後、プールでクールダウンしている時に、0―2でリードされていると知らされ、校歌を歌って気持ちを盛り上げたという。その後部屋に戻り、スマートフォンで戦況を追った。終盤に2点差をひっくり返した時には興奮し、試合終了後には再び校歌を歌って勝利の余韻に浸ったという。

 三浦は高校1年の時に中退したが、校歌の歌詞は覚えていた。「(グアム合宿中は)校歌を3回歌った。(11日の)準決勝で勝った時も1回歌った」と明かした。

 カズは2019年12月31日の1回戦の岡山学芸館戦を観戦。試合後、「静岡にタイトルを持ち帰ってほしい」と後輩を激励した。「それを果たしてくれたのはすごいし、誇らしい。でも青森山田も素晴らしいチーム。日本の若い選手たちは高いレベルでいい試合をやっていて将来に希望が持てる」と称賛。「僕らも、もっと頑張んなきゃいけない。いい勉強になった。エネルギーにしたい」と刺激を受けたようだった。

 注目は三浦から静岡学園への優勝の「ご褒美」だ。5大会前に静岡学園が8強に進出した際、三浦は「優勝したら2泊3日のグアム旅行」と提示していた。グアム旅行はプランの一つとし、「プロに行く選手、大学に行く選手、進学する選手もいる。スケジュールもあって、それ(グアム旅行)が本当にいいのかどうか分からないので、ちょっと相談してから決めたい」とした。【福田智沙】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです