メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学』『Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』

なぜ、痴漢という「犯罪」が性的な「娯楽」とされたのか

◆『痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学』牧野雅子・著(エトセトラブックス/2400円)税別

◆『Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』クリスティーン・ポラス/著(東洋経済新報社/1600円)税別

 ジャーナリスト伊藤詩織さんが民事裁判で勝訴した2019年12月18日は、日本における#MeToo運動や性犯罪史上に残る日だ。そして日本のジェンダーギャップ指数は過去最低ランクになり、経団連が「30%クラブジャパン」(企業の女性役員比率を3割に引き上げることを目標とした経営者の組織)と覚書を締結。めまぐるしい令和元年の年末であった。

 そんな中で見つけたのが、牧野雅子『痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学』。痴漢がメディアの中で…

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです