メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 谷一文子『これからの図書館』

図書館に行けばすべてが楽しめる 誰にとっても何かある場所にしたい

◆『これからの図書館 まちとひとが豊かになるしかけ』谷一文子・著(平凡社/税別1900円)

 図書館とはどんな場所だろう。薄暗い自習室? 静かにしないと怒られる? 無料の貸本屋? 図書館は確かに薄暗い自習室だったこともあるし、「無料貸本屋」として重宝がられていたこともある。だが、最新の図書館は? 本書はボルヘスが『バベルの図書館』で夢想したような、知的有機体として永遠に増殖してやまない図書館の今を綴(つづ)った図書館論だ。

 著者は1990年代半ば、さまざまな公共施設が民間委託によって姿を変える中、指定管理者制度によって公…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです