メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「五輪花道論」の虚実=与良正男

自民党の仕事始めであいさつする安倍晋三首相=同党本部で2020年1月7日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は先日のNHKインタビューで「まだ1年9カ月もある。燃焼し尽くす決意で臨んでいきたい」と語った。

 自民党総裁としての任期は再登板から9年となる来年9月まで。それまでは続けるという意味だ。最近、マスコミで報じられている今夏の東京五輪・パラリンピック閉幕後の退陣も、自民党の一部にある総裁任期の延長も考えていないと強調したかったと思われる。

 それでも五輪を花道に退陣する可能性はあると私は思う。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです