メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートピックス

「青木野枝 霧と鉄と山と」展 「山」のような存在を

「曇天1」「曇天2」2019年、石こう、麻布、新聞紙、鉄

 作家にとって鉄というなじみの素材に加え、近年、ガラスや石こうの存在感が増している。昨年、鹿児島、長崎と相次いで個展を開催した彫刻家、青木野枝(1958年生まれ)が2000年以来だという首都圏の美術館での個展で見せたのは、「山」だった。

 新作「霧と鉄と山―Ⅰ」は、鉄を輪のように溶断したパーツを山のように見上げるほど大きく組み上げた。輪のいくつかには、ガラス板がはめ込まれ、展示室の照明を柔らかく受け止める。用いたのは、長崎で見られた赤いガラスではなく、乳白色や無色のガラス。青木は「あれは長崎のためだけのものなんです」と言う…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです