メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

柄谷行人さんと韓国 「近代文学の終り」を巡って

インタビューに答えるジョ・ヨンイルさん=東京都千代田区で

 韓国の文芸評論家、ジョ・ヨンイルさん(46)が『柄谷行人と韓国文学』(高井修さん訳、インスクリプト)を刊行した。2008年に本国で出版した著者初の評論集。先月来日し、文学研究者や読者、哲学者の柄谷行人さんらとのトークイベントに参加した。

 <日本の批評家である柄谷行人が韓国文学に及ぼした影響は、日本で漠然と想像するよりも大きく、それは客観的なデータでも証明されている>(序文)

 柄谷さんの「近代文学の終り」論は04年、韓国の文芸誌『文学トンネ』に翻訳掲載。06年には翻訳の単行…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです