メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

柄谷行人さんと韓国 「近代文学の終り」を巡って

インタビューに答えるジョ・ヨンイルさん=東京都千代田区で

 韓国の文芸評論家、ジョ・ヨンイルさん(46)が『柄谷行人と韓国文学』(高井修さん訳、インスクリプト)を刊行した。2008年に本国で出版した著者初の評論集。先月来日し、文学研究者や読者、哲学者の柄谷行人さんらとのトークイベントに参加した。

 <日本の批評家である柄谷行人が韓国文学に及ぼした影響は、日本で漠然と想像するよりも大きく、それは客観的なデータでも証明されている>(序文)

 柄谷さんの「近代文学の終り」論は04年、韓国の文芸誌『文学トンネ』に翻訳掲載。06年には翻訳の単行本が刊行され、同国の文学界に大きな影響を与えたという。ジョさんによると、このころ文学研究者による柄谷さんの著作からの引用が急増した。

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです