メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 映画「ラストレター」の美しさ=中森明夫

映画「ラストレター」の完成を記念した舞台あいさつに登壇した(左から)岩井俊二監督、広瀬すず、松たか子、森七菜=東京都千代田区で、滝川大貴撮影

 「ラストレター」という映画を見た。岩井俊二監督作品。岩井監督といえば、「Love Letter」(1995年)で長編映画デビューを飾ってからちょうど四半世紀だ。「Love Letter」を見た時の心のふるえ、ああ、こういう映画を撮る人が現れたのか!という感慨は忘れられない。その独特の映像世界は岩井美学とも呼ばれ、後進に与えた影響も大きい。

 「ラストレター」は「Love Letter」の続編ではない。しかし、主題を受け継いでいる。両作とも、死者と手紙をめぐる物語だ。死んだ姉の同窓会へ行った妹(松たか子)は姉と間違えられ、初恋の人(福山雅治)と再会する。電子メールでやり取りするが、夫(庵野秀明)に見つかりスマホを壊され、結果、手紙での応答が始まる。この設定が卓抜だ。インターネットが普及した現在、手紙の物語は現実性がない。岩井監督は考え…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです