メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

竹内涼真 ドラマ「テセウスの船」田村心役 過去で追う父の“罪”

 19日開始のTBS系の日曜劇場「テセウスの船」で主人公の青年、田村心(しん)を演じる。心は、父親の佐野文吾(鈴木亮平)が連続毒殺事件の犯人として逮捕された1989年にタイムスリップしてしまい、事件の真相を追うことになる。ドラマについて「サスペンスであり、少しSFの要素もありますが、家族の話がメインになっていきます」と言う。

 同名漫画が原作。雪深い村で警察官をしていた文吾が逮捕されたのは心が生まれる1カ月前。心は母親や姉兄と共に加害者家族としてひっそりと生きてきた。文吾は冤罪(えんざい)を訴え続けているが、今も死刑囚として拘置所にいて、心はこれまで文吾の顔を直接見たことはなかった。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです