メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷公判 地裁「甲A」やめ「美帆さん」 遺族の上申書受け

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、利用者ら45人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(29)に対する横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は15日、証拠調べがあった。母親が「生きていた証しを残したい」として名前を公表した犠牲者の美帆さん(当時19歳)について、遺族の代理人弁護士の上申書に基づき、公判で「甲A」ではなく名前で呼ぶことが決まった。

 植松被告は16年7月26日未明、居住棟の窓ガラスを割って侵入して19人を殺害、26人に重軽傷を負わ…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです