メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・母校をたずねる

埼玉県立川越高/5 歌舞伎町商店街振興組合常任理事・手塚マキさん /東京

=宮本明登撮影

今につながる自由と多様性 手塚マキさん=1995年度

 各界に優れた人材を輩出している埼玉県立川越高の卒業生の中でも、歌舞伎町商店街振興組合常任理事の手塚マキさん(42)=1995年度卒=は異色の存在です。女性を接客するホストとして名をはせ、ホストクラブや美容室などを経営する一方、街頭清掃のボランティアや介護事業にも取り組んでいます。新しいまちづくりの発信源として活躍している手塚さんの原点は高校時代にあるそうです。【山越峰一郎】

 川越高時代はラグビー漬けでした。ラグビーは趣味嗜好(しこう)が違っても、勝つことに向けては対等です…

この記事は有料記事です。

残り2189文字(全文2454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです