メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸魚川、文献にない謎の大火 江戸初期、浜砂で復旧 市教委、考古学からアプローチ /新潟

出土した火鉢などの破片=新潟県糸魚川市で

 2016年の糸魚川大火に遭った糸魚川市で、知られていなかった火災が過去にあり、被災地を砂で整地して復旧していたことが、再建に伴う市教育委員会の発掘調査で分かった。火災からの復旧方法は文献に残っておらず、市教委は「考古学的なアプローチで火災を調査・記録する意義が改めて確認された」と、出土品などの展示を検討する。【浅見茂晴】

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです