メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/131 情報の源 ネットから新聞へ /四国

 「世界はどこに向かっているのですか」。こんな素朴な質問が学生から出てきます。混沌(こんとん)とした世界情勢の中、得体(えたい)の知れない不安が膨らんでいるようです。

 そうした中、驚がくのニュースが飛び込んできました。トランプ米大統領の指示により、イラン革命防衛隊の幹部ソレイマニ氏が殺害されました。これによって中東地域だけでなく、世界中に大きな影響を与えています。また、保釈中だった日産の元会長であるゴーン氏がレバノンに逃走し、その動向が注目されています。日本の司法制度が揺らぐ、大きな事件に発展しているのです。

 そこで、「今後どうなると思う?」と問いかけてみました。すると、「そもそも事件の意味が分からないのです」と正直に答えてきます。確かに、難しい内容だけに当然の回答だと思いますが、それよりも、「自分だけでなく、皆も分かっていないと思う」という言葉がついてくるのです。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです