メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民間の障害者雇用 過去最高2.54% 長崎労働局19年県内状況 法定達成企業は6割 /長崎

 長崎労働局は2019年の県内の障害者雇用状況を発表した。民間企業の障害者雇用率は2・54%(前年比0・17ポイント増)で、集計を開始した1977年以降過去最高となり、全国では前年の10位から6位に上昇した。

 障害者雇用促進法は、常時雇用する従業員の一定割合以上の障害者雇用を義務づけており民間企業は2・2%、地方公共団体や教育委員会などは2・4~2・5%と定められている。県内の公共機関では、「県等の機関」2・64%(全国2・61%)▽「市・町の機関」2・38%(同2・…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです