メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

米、貿易交渉進展を評価 中国の「為替操作国」解除

【左】トランプ米大統領【右】中国の習近平国家主席

 米財務省は13日、主要貿易相手国の通貨政策を評価する「為替報告書」を公表し、中国に対する「為替操作国」の指定を解除した。米中貿易交渉の「第1段階」合意で、中国側が通貨安誘導を控えることや為替政策の透明性向上を約束したことを評価した。

 トランプ政権は昨年8月、中国が対米輸出を有利にするための通貨安誘導を行っていると断定し、1994年以来25年ぶりに中国を制裁対象となる為替操作国に指定していた。ムニューシン財務長官は13日、「中国は為替政策の透明性と説明責任を果たしつつ、人民元の競争的な切り下げを控えるという強制力のある約束を行った」と指定解除の…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです