メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

稲田流の「保守の理念」=古賀攻

稲田朋美氏=田鍋公也撮影

 <sui-setsu>

 日本人の昨年の出生数は初の90万人割れ。子どもがどんどん減るのに、日本の税制は子どものいる未婚のひとり親に冷たかった。

 配偶者と離婚・死別したひとり親には、税負担を軽くする「寡婦(夫)控除」がある。ところが、結婚歴のないひとり親に対しては自民党を中心に「法律婚を壊す」「不道徳」といった偏見が根強く、適用外にされていた。

 だから自民党の稲田朋美幹事長代行らが働きかけて、寡婦控除の対象を未婚のひとり親に拡大させた昨年末の税制改正は、遅まきながらグッドニュースだった。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです