メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米大統領選へ深まる分断 インタビュー アーリー・ホックシールド カリフォルニア大バークリー校名誉教授(社会学)

 11月3日の米大統領選まで約10カ月。米社会は政治決戦のムードが髙まり、トランプ大統領への支持、不支持を巡り分断が深まっている。トランプ氏の強固な支持基盤となっている白人右派を研究するカリフォルニア大バークリー校のアーリー・ホックシールド名誉教授(80)に、分断の背景と融和への課題を聞いた。

少数派優遇政策にいら立つ白人右派

――米南部ルイジアナ州で保守系草の根運動「ティーパーティー(茶会運動)」支持者の白人労働者らに密着した著書「壁の向こうの住人たち アメリカの右派を覆う怒りと嘆き」は、2016年の大統領選直前に刊行され、トランプ大統領誕生の土壌を解き明かしたとしてベストセラーになりました。そうしたテーマに取り組んだのはなぜですか。

 保守的なルイジアナ州に通い始めたのは11年から。リベラルで左派的な環境に育ったフェミニストの社会学…

この記事は有料記事です。

残り3364文字(全文3734文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです