メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅客機撃墜 イラン、隠蔽否定躍起 誤射巡り複数人逮捕

イランのウクライナ機撃墜の犠牲者を追悼後、政府に抗議の声を上げる人々=テヘランで11日、ゲッティ共同

 イラン革命防衛隊によるウクライナ旅客機の撃墜で、イラン政府が「隠蔽(いんぺい)」疑惑の払拭(ふっしょく)に躍起だ。発生から3日間にわたってミサイル誤射を認めなかった点について政府が軍から報告を受けたのは誤射発表前日の10日夕だったと強調。司法当局は14日、関与が疑われる容疑者を逮捕し、ロウハニ大統領は特別法廷の設置を主張した。ただ政府の対応に不信感を強める国民がこうした説明に納得するかどうかは不透明だ。

 国営イラン通信によると、ラビーイー政府報道官は13日、8日早朝の撃墜に関し「ロウハニ師を含め政府関…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです