メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第11部 プロ野球 パ・リーグ/18 合併拒んだダイエー

産業再生機構を訪れるダイエーの高木社長=東京都千代田区で2004年10月13日、竹内幹撮影

 2004年当時、千葉ロッテマリーンズの球団代表を務めていた瀬戸山隆三(66)はかつての上司からの電話を何度も受けていた。声の主は福岡ダイエーホークスの親会社である大手スーパー・ダイエーの社長、高木邦夫(75)。「ロッテには売らない。一緒にはならないからな。何があっても貫徹する」

 以前、ダイエー本社、ホークス球団で働いた瀬戸山は、高木にとって勝手知ったる相手だけに本音をぶつけてきた。その頃、プロ野球界は大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併話で紛糾。水面下では、ダイエーとロッテを合併させようという動きがあったのだ。

 近鉄とオリックスの合併構想が表に出たのは、6月13日のこと。その翌日、瀬戸山は東京都内のロッテ本社…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです