メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 渡辺明王将-広瀬章人八段 第30局の2

流行型

 図の通り、盤上は流行の角換わり同型将棋に進んでいる。

 いやでも5回戦で観戦した[先]佐藤(天)―[後]三浦戦を思い出す。図から[先]8八玉[後]6五歩[先]6九飛[後]6六歩[先]同銀[後]6五歩[先]同銀直以下、両者一歩も引かない壮絶なたたき合いが午前中に87手も進むハイスピードで展開され、優劣不明の難局を三浦が制した。

 その将棋からわずか4日後、6回戦第1局の[先]糸谷―[後]羽生戦では、図から[先]4五桂[後]2二…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです