メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

行き場ないMOX燃料 愛媛・伊方原発で初取り出し 長期保管、危険性高く

四国電力伊方原発3号機の使用済み燃料プールに保管される核燃料=愛媛県伊方町で2020年1月14日午前10時41分(代表撮影)

 四国電力は14日、定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で、使用済み核燃料の交換・保管作業を公開した。ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電で、本格的な営業運転後初めて、使用済みMOX燃料を取り出した。政府は使用済みMOXの再利用を目指すが、実用化は不透明で行き場がない。当面は3号機の使用済み核燃料プールで長期保管される。

 14日午前、伊方原発3号機の原子炉建屋。作業員がクレーンを操作すると、長さ約4・1メートル、重さ約…

この記事は有料記事です。

残り2164文字(全文2393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです