メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン・桃田選手、マレーシア事故 全治6週間 3月全英で復帰目指す

 日本バドミントン協会は14日、東京都内で記者会見し、3月11日開幕の全英オープンで実戦復帰を目指す方針を明らかにした。

 桃田選手は15日に帰国し、改めて精密検査を受けて治療に専念する予定。高速道路での事故だけに、日本協会の銭谷欽治専務理事は「命に別条がなかったことが奇跡」と話した。

 現地の病院によると1カ月程度で練習に復帰することが可能とされたが、銭谷専務理事は「全身打撲の影響がどう出るか。脳が大丈夫かどうか」とし…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです