メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

多数の犬猫、劣悪飼育どう防ぐ 環境省が自治体向け指針策定へ

東京都葛飾区の木造アパートの一室で暮らしていた猫たち=佐藤千鶴子さん提供

 ペットの犬や猫が増えすぎて世話できなくなる「多頭飼育崩壊」が後を絶たない。飼い主の貧困や障害などさまざまな要因が考えられ、環境省は福祉的な支援を促す自治体向けのガイドライン策定に動き出した。

 ●不妊手術資金なく

 「163匹の猫が閉めきられサウナ状態の6畳間にぎっしり。室内はふん尿の臭いがこもり壁が腐っていた」

 2019年8月、東京都葛飾区の木造アパートの一室に踏み込んだボランティア団体「かつしかわんにゃんくらぶ」代表の佐藤千鶴子さん(61)は、凄惨(せいさん)な状況を目の当たりにした。ほとんどが熱中症の状態で痩せ細り、背中が腐って陥没した猫もいたという。佐藤さんらは全てに不妊・去勢手術や治療を施した上で、子猫など約半数を引き取り新しい飼い主に譲渡した。

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです