メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

老後保障、今後どうなる 少子高齢化で目減り 厚労省、方策検討へ 国民年金と厚生年金で財政調整

 今後の公的年金はどこまで老後をカバーできるのか――。政府・与党が今年の通常国会で成立を目指す年金制度改革関連法案では踏み込み切れず、「最大の課題」として残るのが少子高齢化で「支え手」が減ることによる基礎年金(国民年金)水準の目減りだ。厚生労働省は、その次の改革をにらみつつ、水準の底上げにつながる方策の検討を始める構えだ。【横田愛】

 公的年金は、全国民共通の基礎年金(1階部分)と、会社員らが入る厚生年金(2階部分)との二つからなる…

この記事は有料記事です。

残り2195文字(全文2412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです