メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田淵幸一氏ら野球殿堂

 野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂顕彰者(殿堂入り)3人を発表した。競技者表彰のうち、監督・コーチ経験者らが対象の「エキスパート部門」は、阪神、西武で活躍し、ダイエー(現ソフトバンク)で監督を務めた田淵幸一氏(73)が選ばれた。アマチュア野球関係者などが対象の特別表彰では、元慶大監督の故前田祐吉氏と元早大監督の故石井連蔵氏が選出された。

 田淵氏は法大から1969年に阪神入り。75年に43本塁打で本塁打王のタイトルを獲得した。90年から3年間、ダイエー監督、2002、03年に阪神チーフ打撃コーチ、08年北京五輪では日本代表ヘッド兼打撃コーチを務めた。

この記事は有料記事です。

残り3213文字(全文3493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです