特集

共産党

共産党に関するページです。

特集一覧

三つどもえ激戦必至 京都市長選19日告示 与野党相乗りvs共産vs地域政党

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年最初の大型選挙となる京都市長選が19日、告示される。共産党支持が強い地域性から、与野党相乗り推薦で4選を目指す現職と共産系新人の争いを軸に、地域政党出身の新人が割って入る三つどもえの様相を呈している。保守票が割れ、非共産がわずか951票差で共産系に辛勝した08年選挙に構図は酷似し、2月2日の投開票に向けて激戦は必至だ。

 主要な立候補予定者は、いずれも無所属で、現職の門川大作氏(69)=公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連推薦▽新人で弁護士の福山和人氏(58)=共産、れいわ新選組推薦▽新人で市議の村山祥栄氏(41)。

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1353文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る