特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

野党が菅氏辞任要求で一致 「桜」名簿管理で公文書法違反

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
野党国対委員長の会合であいさつする立憲民主党の安住淳国対委員長(中央)=国会内で2020年1月15日午前10時3分、川田雅浩撮影
野党国対委員長の会合であいさつする立憲民主党の安住淳国対委員長(中央)=国会内で2020年1月15日午前10時3分、川田雅浩撮影

 立憲民主党など野党は15日、国対委員長会談を国会内で開き、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿の管理や廃棄に関し公文書法違反があったことを受け、菅義偉官房長官の辞任を求めていく方針で一致した。立憲の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「菅氏の責任は極めて重い。政府の責任者が違反行為を認めたのは看過できない。自ら責任を取るべきだ」と述べ、20日召集の通常国会で追及する考えを示した。

 菅氏は14日の記者会見で、2013~17年度の招待者名簿が行政文書ファイル管理簿に未記載だったことについて「(旧民主党政権だった)11年と12年は開催直前に(東日本大震災への対応などで)桜を見る会が中止になり、招待者名簿を掲載せずに廃棄した。その取り扱いが13年以降も漫然と引き継がれた」などと釈明している。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文536文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集