メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証反落、終値は108円安の2万3916円 相場に過熱感、利益確定売り優勢

東京証券取引所=東京都中央区で、共同

[PR]

 15日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日ぶりに反落した。米中貿易協議の先行きへの警戒感が強まり、売り注文が優勢となった。終値は前日比108円59銭安の2万3916円58銭。相場の過熱感から当面の利益を確定する売りも目立った。

     東証株価指数(TOPIX)は9・47ポイント安の1731・06。出来高は約11億2200万株。

     米中貿易協議が長期化するとの観測が広がったことで売りが先行。協議の「第1段階」合意の署名を控え、文書の内容を見極めたいとの様子見ムードもあり、その後は安値圏で小幅な値動きが続いた。(共同)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

    2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

    4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

    5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです