メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京円、109円台後半で取引 もみ合う展開に

[PR]

 15日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。

     午後5時現在は前日比08銭円高ドル安の1ドル=109円90~92銭。ユーロは24銭円高ユーロ安の1ユーロ=122円30~34銭。

     朝方は、米中関係改善への過度な期待が後退し、比較的安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。その後、国内輸入企業の円売りドル買いが出て、もみ合う展開となった。

     外為ブローカーは「米中貿易協議『第1弾』の合意の署名式を控えて積極的な取引が手控えられ、膠着状態だった」と話した。(共同)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

    2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

    4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

    5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです