メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHKが2年連続赤字予算 20年度案、受信料値下げで

NHK放送センター=東京都渋谷区で2019年3月、嶋野雅明撮影

[PR]

 NHKは15日、2020年度予算案と事業計画を発表した。事業収入は前年度比0・6%減の7204億円、事業支出は同1・0%増の7354億円で、2年連続で赤字予算となった。事業支出には、NHKが春に始めるテレビ番組の常時同時配信などインターネット業務費も含まれる。ネット業務費の予算は、東京五輪関連を除いて170億円で、受信料収入の「2・5%以内」とする上限の範囲内の2・4%に収めた。

 収支の赤字は、10月に予定する受信料の値下げなどに伴うもので、不足する149億円は繰越金で補う。事業収入の大半を占める受信料収入は、同0・8%減の6974億円を見込む。事業支出は、東京五輪・パラリンピックの放送関連費用などの増加で過去最多になった。【小林祥晃】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです