メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東情勢悪化回避で一致 日米防衛相会談、情報共有「緊密に」

 エスパー国防長官(左)と米国防総省で共同記者会見に臨む河野防衛相=14日、ワシントン(AP=共同)

[PR]

 訪米中の河野太郎防衛相は14日(日本時間15日)、エスパー国防長官とワシントン近郊の国防総省で会談した。米国とイランが対立する中東情勢を巡り、事態のさらなる悪化を避けるべきだとの認識で一致。河野氏は海上自衛隊の中東派遣について説明し、会談後の共同記者会見で「米国との情報共有は当然だ。緊密に連絡を取りたい」と表明した。

 日本政府は中東・ホルムズ海峡の安全確保を目的とする米国主導の有志連合に参加しない。河野氏は会談で、日本として中東の緊張緩和に向けて粘り強く外交努力を続ける考えを伝達。エスパー氏は、中東派遣に謝意を示した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです