メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国で残忍な抑圧」香港入境拒否のHRW代表、国連本部で年次報告書発表

記者会見するヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表=米ニューヨークの国連本部で2020年1月14日、隅俊之撮影

 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のケネス・ロス代表は14日、世界の人権状況についてまとめた年次報告書を米ニューヨークの国連本部で発表し、中国が「国際的な人権擁護の取り組みに対して厳しい攻撃を仕掛けている」と批判した。ロス氏は香港で発表する予定だったが、12日に香港国際空港で入境を拒否されていた。

 一方、記者会見場では中国国連代表部の1等書記官が発言を求め、会見の最後に反論。ロス氏や記者に「報告書は偏見とでっち上げに満ちている。断固拒否する」と主張する場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです