特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

「日本の司法制度は自白制度」HRW年次報告書、ゴーン事件に言及

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見するヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表=米ニューヨークの国連本部で2020年1月14日、隅俊之撮影
記者会見するヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表=米ニューヨークの国連本部で2020年1月14日、隅俊之撮影

 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)は14日に発表した年次報告書で、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の事件に触れ、日本の司法制度について「容疑者が起訴されるまで保釈の可能性がないまま拘束することができ、取り調べ中に弁護人の立ち会いもできない」と批判した。

 HRWのケネス・ロス代表は記者会見で「…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文290文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集