メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本の司法制度は自白制度」HRW年次報告書、ゴーン事件に言及

記者会見するヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表=米ニューヨークの国連本部で2020年1月14日、隅俊之撮影

[PR]

 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)は14日に発表した年次報告書で、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の事件に触れ、日本の司法制度について「容疑者が起訴されるまで保釈の可能性がないまま拘束することができ、取り調べ中に弁護人の立ち会いもできない」と批判した。

 HRWのケネス・ロス代表は記者会見で「ゴーン氏を擁護するわけではない。ただ、彼の事例は、日本の刑事司法制度には被告人に自白を迫る強大な圧力があることを示している」と批判。圧力を受けて自白し、起訴されたら約99%が有罪となるという流れは「司法制度ではなく、自白制度だ」と述べた。【ニューヨーク隅俊之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです