メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米民主党討論会 トランプ氏に勝てる候補は?混迷の指名レース初戦へ

米民主党の方向性は…?主要4候補の主張

 11月の米大統領選の野党・民主党の第7回候補者テレビ討論会が14日、中西部アイオワ州デモインで開催された。党候補者指名レース初戦となる2月3日のアイオワ州党員集会を前にした最後の論戦だったが、政策の違いが目立ち、異例の混戦ぶりを象徴した。【デモイン高本耕太】

急進左派内でも対立

 今回注目されたのが、エリザベス・ウォーレン上院議員(70)とバーニー・サンダース上院議員(78)の対立だ。同じ急進左派系で、これまでは協調関係にもあった。だが、討論会前日の13日、CNNテレビが、18年の両者の会談時にサンダース氏が「女性では次の大統領選に勝てない」と発言したと報道。ウォーレン氏陣営も声明で発言を事実と表明した。

 討論会でサンダース氏は「言っていない。私を知る人なら、そのような考えをするわけがないことを分かるは…

この記事は有料記事です。

残り2524文字(全文2879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです