メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪原に描く“歩み” 北海道・中札内移住の夫婦 足跡アートイベント

スノーアートイベントのポスターを手に来場を呼びかける梶山智大さん(右)と千裕さん=中札内村で2020年1月10日、鈴木斉撮影

 広大な大雪原をキャンバスに見立てて歩き回り、つけた足跡で巨大な絵を描くスノーアートのイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない」が2月15、16の両日、北海道中札内村で初めて開かれる。企画したのは2018年10月に横浜市から移住し、村の地域おこし協力隊員として観光振興などを担う梶山智大(ともひろ)さん(34)と千裕(ちひろ)さん(32)の夫妻。アート制作を担当する智大さんは「作品には新天地で生活を始めた二人の足跡への思いも込めたい」と話した。【鈴木斉】

 智大さんはJR東海でリニアモーターカーの開発に携わっていたが、広大な日高山脈と防風林、青空などの景観に魅せられて移住を決意。ワインやチーズの輸入商社に勤めていた千裕さんも「生産現場の近くに身を置きたい」と考え、夫婦そろって協力隊員に就いた。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです