メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR汚職 北海道観光業界“カリスマ”贈賄罪で在宅起訴 関係者「突然の報に驚き」

「加森観光」の加森公人会長=横田愛撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件で、リゾート施設運営会社「加森観光」(本社・札幌市中央区)の加森公人会長(76)が14日、東京地検特捜部に贈賄罪で在宅起訴された。北海道留寿都村へのIR事業誘致の推進役だった道内観光業界の“カリスマ”に司直の手が伸び、道内の関係者の間で動揺や困惑が広がった。

 会長の在宅起訴を受け、同社は「このような事態となり、極めて遺憾。深くおわび申し上げるとともに、起訴の事実を重く受け止め、今一度、全社を挙げてコンプライアンス強化に全力を尽くす」と文面を発表したが、事件の内容については「コメントを差し控えたい」とした。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです