メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年国スポ、イメージソング決定 「翔けろ未来へ」青森の豊かな自然描く

第80回国民スポーツ大会の愛称とスローガンの規定書体を掲げるマスコットキャラクターの「アップリート君」(左)とイメージソングの歌詞に選ばれた井元仁江さん=青森市のホテル青森で2020年1月14日、井川加菜美撮影

 青森県は14日、2025年に青森で開催される予定の第80回国民スポーツ大会(国スポ、国体から改称)のイメージソングの歌詞を熊本市の主婦、井元仁江さん(59)が応募した「翔(か)けろ未来へ」に決定したと発表した。県内外から寄せられた計204点の中から選ばれた。また、大会で使われる愛称やスローガンの書体も決まった。

 イメージソングの歌詞は、昨年7~9月に公募。青森市でこの日開かれた大会県準備委員会の常任委員会で、井元さんの作品に決定した。青森の豊かな自然や歴史、前向きに未来へと向かう姿を描き、夢や希望に満ちた作品であることが選定の理由という。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです