メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス運転手、乗客の詐欺被害防ぐ 会話で「振り込め」疑い、駐在所に停車

田川署で森山署長(左端)から感謝状を贈られる中谷さん(右端)。右から3人目が赤村の道村長=峰下喜之撮影

[PR]

 振り込め詐欺被害を未然に防いだとして、福岡県警田川署は14日、赤村運行のデマンドバス運転手、中谷千佳代さん(58)に感謝状を贈った。村内の乗客との会話から「だまされてお金を下ろしに行く」と気づき、途中の同署赤駐在所(福岡県田川郡赤村)にバスを止めて警察官に引き合わせたという。

 田川署などによると、中谷さんは2019年12月27日午後3時ごろ、自宅に迎えに行った80代女性が乗車後、電話で振り込みを要求されたので農協に行くと話したため、赤駐在所に連れて行った。

 女性は約2時間前、携帯電話に「未納料金が発生している」とのメールを受信。記載の番号に電話して、男の声で「30万円振り込めば、28万5000円は返す。払わないと裁判になる。お金の準備ができたら連絡して」と言われていた。同じ敷地に住む娘らが外出中で相談できず、バスを予約したという。

 赤村は18年4月、60歳以上を対象に乗車1時間前までに希望の乗降場所・時刻を申し込む運賃無料のデマンドバス事業をスタート。署長室であった感謝状贈呈式で、道(みち)広幸村長は「高齢者の足の役割だけでなく、見守りも果たしてくれた」と中谷さんをたたえた。

 「金融機関とコンビニエンスストアによる未然防止はかなりあるが、地域のバス運転手が詐欺を止めたのは極めて異例で、心から感謝します」と森山仁署長。中谷さんは「女性が相談してくれてよかった。日ごろから利用者と話して、気がつくようにしたい」と話した。 【峰下喜之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです