メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス運転手、乗客の詐欺被害防ぐ 会話で「振り込め」疑い、駐在所に停車

田川署で森山署長(左端)から感謝状を贈られる中谷さん(右端)。右から3人目が赤村の道村長=峰下喜之撮影

 振り込め詐欺被害を未然に防いだとして、福岡県警田川署は14日、赤村運行のデマンドバス運転手、中谷千佳代さん(58)に感謝状を贈った。村内の乗客との会話から「だまされてお金を下ろしに行く」と気づき、途中の同署赤駐在所(福岡県田川郡赤村)にバスを止めて警察官に引き合わせたという。

 田川署などによると、中谷さんは2019年12月27日午後3時ごろ、自宅に迎えに行った80代女性が乗車後、電話で振り込みを要求されたので農協に行くと話したため、赤駐在所に連れて行った。

 女性は約2時間前、携帯電話に「未納料金が発生している」とのメールを受信。記載の番号に電話して、男の声で「30万円振り込めば、28万5000円は返す。払わないと裁判になる。お金の準備ができたら連絡して」と言われていた。同じ敷地に住む娘らが外出中で相談できず、バスを予約したという。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです