メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おえびすさん8年10カ月ぶり“大漁” 宮城・気仙沼 津波で流失、海底から引き揚げ

引き揚げられたえびす像=気仙沼市で2020年1月14日午前10時28分、新井敦撮影

 東日本大震災の津波で流失した宮城県気仙沼市神明崎のえびす像が元の場所近くの海底で見つかり、14日に引き揚げられた。大漁や航海安全を祈願する珍しい立ちえびす像で、長年「おえびすさん」と呼ばれ親しまれていた。8年10カ月ぶりに姿を見せたえびす像に、地元の人たちは「大変ありがたい。将来の希望になる」と喜んでいる。

 えびす像は神明崎の海岸に海を向いて建っていた。1932年に建立された初代が太平洋戦争中の金属類回収令で政府に供出され、88年に2代目が地元の五十鈴神社関係者らの協力で復元された。しかし、震災の津波で姿を消し、その後、ダイバーが海中を捜したものの見つかっていなかった。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです