メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西電車がベビーカー置き去り発車、線路に落ち2歳児軽傷 公表せず 兵庫・豊岡

JR西日本のロゴマーク=曽根田和久撮影

[PR]

 兵庫県豊岡市のJR江原(えばら)駅で2019年12月、ホームに置き去りにされたベビーカーが線路上に転落し、乗っていた男児(2)が軽いけがをしていたことが、JR西日本への取材で分かった。JR西は同行していた母親に謝罪したが、「軽傷であり、個別対応で納得してもらった」として事故を公表していなかった。

 JR西日本福知山支社によると、同年12月25日午前10時ごろ、福知山発豊岡行き普通電車(2両編成)の最後部で、母親が先に乗車しベビーカーを車内に乗せようとした。しかし、30代の男性運転士が気付かずにドアを閉めて発車させ、ベビーカーはホームに取り残された。母親の訴えで運転士が約100メートル先で停車した。

 同じ頃、ホームの防犯カメラで、駅員が約1メートル下の線路上に転落したベビーカーを見つけ、男児を救助した。男児は額にすり傷を負ったが、電車と接触した形跡はなく、発車後に転落したとみられる。電車は約5分後に再出発した。

 運転士は「駅のホームの鏡で安全確認したが、ベビーカーは見えなかった」と話しているという。同支社は「申し訳ない。視認性を向上し、再発防止に努める」としている。【村瀬達男】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  3. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです