メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市議に「お前なんか辞めてまえ」 明石市長また暴言「反省している」

明石市の泉房穂市長=猪飼健史撮影

[PR]

 兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(56)が、13日に市内で開かれた小学校区の新年会で、同市議と議論になり「お前なんか辞めてまえ」と暴言を浴びせたことが、15日明らかになった。泉市長は2019年1月にも部下への暴言が発覚し、いったんは市長を辞職した。15日に記者会見し、「感情的になってしまった。反省している」と述べた。

 泉市長や関係者によると、新年会は13日の昼にあり、複数の市議や住民、学校関係者ら約85人が出席。宴席として酒も並び、泉市長は同じテーブルにいた自民党系会派の石井宏法(ひろのり)市議(38)=1期目=と意見交換していたという。

 明石市では01年7月、市民夏まつりの花火大会で11人が犠牲になる歩道橋事故が発生。新年会では、行政主導の夏まつり再開を目指す石井市議が「市民の要望もある」「3月市議会で提言したい」と主張。「警察との調整も必要」と答えていた泉市長は「お前なんか辞めてまえ」と暴言を吐き、直後に「撤回します。すみません」と謝罪したという。

 泉市長は、感情を制御するアンガーマネジメントの研修を3月に受ける予定だった。【浜本年弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです