メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市議に「お前なんか辞めてまえ」 明石市長また暴言「反省している」

明石市の泉房穂市長=猪飼健史撮影

 兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(56)が、13日に市内で開かれた小学校区の新年会で、同市議と議論になり「お前なんか辞めてまえ」と暴言を浴びせたことが、15日明らかになった。泉市長は2019年1月にも部下への暴言が発覚し、いったんは市長を辞職した。15日に記者会見し、「感情的になってしまった。反省している」と述べた。

 泉市長や関係者によると、新年会は13日の昼にあり、複数の市議や住民、学校関係者ら約85人が出席。宴席として酒も並び、泉市長は同じテーブルにいた自民党系会派の石井宏法(ひろのり)市議(38)=1期目=と意見交換していたという。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです