メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

750年続く「新春の一服」 奈良・西大寺で大茶盛り

特大の茶わんで抹茶を堪能する参加者たち=奈良市の西大寺で2020年1月15日午前10時29分、梅田麻衣子撮影

[PR]

 奈良市の西大寺で15日、顔が覆い隠されてしまうほどの大きな茶わんで抹茶を味わう「大茶盛(おおちゃもり)式」の初釜が開かれた。茶わんは直径30~40センチ、重さ5キロ前後あり、抹茶をたてる茶せんも特大サイズ。参加者は重さに少し戸惑いながら、新春の一服を味わった。

特大の茶わんで抹茶を堪能する参加者たち=奈良市の西大寺で2020年1月15日午前10時31分、梅田麻衣子撮影

 750年以上続く伝統行事。鎌倉時代に西大寺を再興した叡尊(えいそん)が、当時は貴重だった茶を丼や水鉢で民衆に振る舞ったことに由来するという。

特大の茶わんで抹茶を堪能する参加者たち=奈良市の西大寺で2020年1月15日午前10時28分、梅田麻衣子撮影

 同市の琴原愛美さん(30)は夫と生後3カ月の長女と参加。「来年も来て、子供と大きな茶わんを比べて成長を確かめたい」と話していた。【高橋智子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです