「いのちに敬意」ライオン飼育終了へ アカゲザルも 京都市動物園「福祉向上」掲げ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国内最高齢記録を更新中の雄ライオン「ナイル」=京都市左京区で、南陽子撮影
国内最高齢記録を更新中の雄ライオン「ナイル」=京都市左京区で、南陽子撮影

 2023年に開園120年を迎える京都市動物園(左京区)は、20年度からおよそ10年間で新たに目指す姿と運営構想をまとめた。飼育する動物たちの「福祉向上」を初めて前面に掲げ、現在119種を数える動物を適正数にして、より良い環境で飼育するための管理計画も初めて盛り込んだ。「動物園の顔」として100年以上続けてきたライオンの飼育は、現在1頭だけいる国内最高齢の雄を最後にやめる。

 現在の「京都市動物園構想」は09年11月に策定された。新たな構想は、外部識者による6回の検討会議と、19年11、12月に寄せられたパブリックコメントで練られた。今後、市長と市議会に報告し、20年2月末に策定する。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1360文字)

あわせて読みたい

ニュース特集