メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親子3匹の鬼、大たいまつ振り無病息災祈る 奈良・五條の念仏寺

念仏寺で3匹の鬼が大たいまつを振り上げ、最高潮に達する「鬼はしり」=奈良県五條市で2020年1月14日午後9時20分、萱原健一撮影

[PR]

 奈良県五條市大津町の念仏寺陀々堂(だだどう)で14日夜、鬼たちが振り上げる大たいまつの炎に1年間の無病息災を祈る「鬼はしり」(国重要無形民俗文化財)が行われた。小雨が降るなか境内に集まった参拝者の前に、大たいまつを持った3匹の鬼が出そろうと、祭りは最高潮に達した。

念仏寺で鬼が大たいまつを振り上げ、最高潮に達する「鬼はしり」=奈良県五條市で2020年1月14日午後9時22分、萱原健一撮影

 鬼が人々を守る祖霊を表すという古い信仰を伝える行事。鬼の面には「文明十八年」(1486年)と墨書してあり、500年以上の伝統があるとされる。

 堂の板を棒でたたく音が鳴り響く境内で午後9時過ぎ、父と母、子の3匹の鬼が登場。重さ約60キロのたいまつを振り上げながら堂の縁を回った。写真を撮るために初めて訪れたという男性は「とても面白く、来てよかった」と満足そうだった。【萱原健一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです