メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人向け“火災に気をつけなっしー” 千葉・船橋消防局が啓発チラシ

船橋市が外国人向けに作成した火災予防啓発チラシ=船橋市消防局提供

[PR]

 千葉県船橋市消防局は市内に住む外国人に防火意識の普及・啓発をするため、ふなっしーのイラストを使った英語のチラシを作製した。消防士姿などのふなっしーとともに火災予防のポイントを紹介。同消防局では2019年、ふなっしーとコラボした日本語の啓発チラシも作っている。

 同市で暮らす外国人の住民は近年増加しており、19年10月1日現在、1万8447人と総人口の2・8%を占める。今後も増加が見込まれ、住宅用火災警報器設置や近隣との協力体制を呼びかける。

 チラシでは、ポイントとして七つ挙げ、寝たばこに注意▽ストーブの近くに物を置かない▽調理中のコンロから離れるときは火を消す――などと注意喚起している。表裏面とも目立つように黒と黄色の2色刷りとなっている。

 1000部作製し、防災キャンペーンなどで配るほか、同市国際交流課の窓口などでも配布している。【小林多美子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです