メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の日差しに映える黄色いスイセン 埼玉・幸手

咲き始めたスイセンの花=埼玉県幸手市内国府間で2020年1月15日午後1時51分、古賀三男撮影

[PR]

 埼玉県幸手市内国府間(うちごうま)の県営権現堂公園の桜堤で、冬の日差しの中でスイセンが咲き始めた。恒例の「幸手水仙まつり」が始まっているが、今年は咲き始めが遅く、見ごろは1月下旬から2月上旬になる見通し。

 同公園のスイセンはNPO法人幸手権現堂桜堤保存会(並木克己理事長)が2005年から植栽を始め、現在では公園全体で約100万本に及ぶ。並木理事長によると、今年は雨が多い影響で開花が遅れているという。

 現在は日当たりの良い公園南側の清保堂前が5分咲きとなり、散歩に訪れた人々が写真に収めるなどして楽しんでいる。開花状況などの問い合わせは同公園(0480・44・0873)。【古賀三男】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです