メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽田のYS11初号機、「引っ越し」のため一時解体 茨城で一般展示へ

[PR]

羽田空港で報道陣に公開された「YS11」の量産初号機の解体作業=15日午前、共同

 国立科学博物館(科博、東京)は15日、羽田空港で保管している戦後初の国産旅客機「YS11」の量産初号機の解体作業を報道関係者に公開した。初号機は今秋以降、茨城県筑西市のテーマパークで一般向けに展示することが決まっており、引っ越しのため、一時解体することになった。茨城に移った後に組み立てられ、高度経済成長を支えた歴史を伝える機体が再び姿を現す。

 量産初号機は、航空科学博物館(千葉県芝山町)が所蔵する試作1号機を除き、現存する同機種最古の機体。1965年に運輸省(現国土交通省)に納入され、「飛行検査機」として羽田を拠点に2万時間以上、飛行した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです